受験準備

編入の勉強量と難易度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕の実践した計画の立て方

サイト作成後に「実際にどうやって計画を立てたの?」とか、


「どれくらいの難易度なの?どれくらいの勉強量なの?」とか 「具体的に何をどの時期に勉強したの?」という質問が多かったので、まとめてみました。

 



志望校を神戸大に絞っていた僕の計画で志望大学によって勉強量や難易度は変わってくるので、
みなさんはそれぞれの計画を立ててください。



あくまでも参考程度でお願いします。

[the_ad id=”114″]

やることを書き出す

◯2〜8月でやること

僕の場合
英語 サイクリック(大学受験時に使用した文法の問題集) 、Next Stage
速読英単語長文問題精講どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 
数学 徹底研究過去問特訓
物理 大学1・2年生のためのすぐわかる物理物理学演習
小論文 小論文の書き方の本1冊
面接 志望理由など

 

 

イメージ
2、3月 基礎を固める(例題的な問題を中心)
4、5月 ちょい応用(類題、章末問題を中心,難易度高い問題)
6、7、8月 問題数をこなす(余裕があれば、2冊目)

[the_ad id=”114″]

月単位ぐらいでやることを書き出す

学校がある期間は何時間勉強できるか、

学校のない期間は何時間勉強できるかなどを考慮してなんとなくの計画を立てる。




おおよその大学生の場合

 

イメージ
2、3月 春休み 一日中勉強できる
4、5、6月 学校 放課後のみ勉強できる
7月上旬~中旬 テスト期間 ほとんど勉強できない
7月下旬~Last 夏休み 一日中勉強できる

 

→月単位でやることを決めた後、一日にやることを決定。

[the_ad id=”114″]

2ヶ月ごとくらいに計画を立て直す

計画が全てうまくいくとは限らないので、
2ヶ月に一回くらいのペースで、残りの残りに日数を考えて計画を立てる。


勉強の計画を完璧にこなすことは,やはり難易度が高いので,融通が効くようにするのも大事。 


僕の場合、以下の時期に計画を練り直した。

・2月の初め
・4月の初め
・6月の初め
・7月下旬

[the_ad id=”114″]

実際にやったこと

◯英語

時期 やったこと ペース・コメント
2、3月 過去問(最初に解く) 何の勉強が必要か確認
  単語100,200コ 2週間で1周
  Next Stage 1ヶ月で1周
  サイクリック2冊 2週間で一冊
  長文問題 1〜2ヶ月で0.5冊
4月 英作文の本 2ヶ月で1冊
5月  
6月 英作文の本 2ヶ月で1冊
  長文問題 (後半1)
7月 長文問題 (後半2)
7月下旬~Last 復習に徹する 新しいことしない

 

 

英語はすぐには伸びないと思ったので、最初のほうからずっとやってました。


これを見るとわかるように、学校が始まったらなかなか勉強する時間がとれなかったりします。

やっぱり、学校のこともやりつつ編入の勉強もするというのは難易度が高いですね。 
2,3月は大学受験の範囲を思い出すという感じですかね。


もう少し長文問題を解く練習や難易度の高い問題をするべきだったと思います。

 

※英語試験が当日受験でなくTOEICスコアの提出の場合

目標点数を700点とすると、(700以上が100点満点の配点としてかなり高得点と言われています)勉強期間は半年ほどかかるでしょう。

また成績証明書が約一ヶ月後に届くことを考えると、早ければ早いほうがいいかもしれません。

そのため、7、8ヶ月前からTOEICの勉強を始めるのはありだと思います。

もし目標の700点に到達すると英語はもう勉強しなくてもよくなるので、是非早くから始めましょう。

 

では、どうやってTOEICの点数をあげるのか?

 

TOEICの勉強するなら、絶対に勉強するべきなのが公式問題集です。

僕も編入試験が終わってから就活で使うかなと思ってTOEICをしっかり勉強しました。

ただ、公式問題集って思いし、分厚いし「勉強している感」が出すぎて嫌いなんですよね笑

で、そこですきま時間とかでやりはじめたのが、スタディサプリENGLISH

友達がいいよ〜っておすすめしてきたので始めたのですが、めちゃめちゃよかったです!

大学受験用もあるのですが、受験のときにあったらよかったのに。。って思うほどです。

有料なので、3ヶ月などの最短のコースでがっつり利用がおすすめです。お金を払う価値はありましたね。

[the_ad id=”114″]

◯数学

時期 やったこと ペース・コメント
2月 過去問 確か全然わからんかったような・・・
  徹底研究 1~6章
3月 過去問  
  徹底研究 7~12章
5月下旬 過去問特訓 基本問題
6月 過去問特訓 問題A
7月 過去問特訓 問題B
8月 過去問特訓 問題B
  復習  

 

徹底演習と徹底研究の2冊を完璧に勉強していたら問題なかったです。


この2冊の難易度がちょうどよく、ストレスも少なかったです。

6〜8月は難易度の高い問題や勉強量をひたすらこなすという感じでした。 


数学は一番自信ありました。

[the_ad id=”114″]

◯物理

時期 やったこと ペース・コメント
2、3月 過去問(最初に解く) 確か全然わからんかったような・・・
  大学1.2回生のための 2ヶ月で1周
4、5月 物理学演習(例題) 4ヶ月で1冊
6、7月 物理学演習(類題) 4ヶ月で1冊
7月下旬~Last 復習に徹する 新しいことしない

 

僕には、物理学演習の問題の難易度が少し高かったですね。



結構、試行錯誤していろんな問題集に手を出しましたが
途中で投げ出しました。


いきなり物理学演習の難易度の高い問題を解くのはしんどいので、 
単位が取れる電磁気学単位が取れる力学などの
もうすこし基礎的な参考書を利用しながら勉強するべきでした。

[the_ad id=”114″]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大学編入攻略マニュアル

私の経験則から、合格するための方法・行動、また大学編入後のキャリアについてより詳細に解説します。

以下のような人に読んでもらえると参考になると思います。

・本格的に受験するか迷っている。

・このままの大学で良いのか悩んでいる。

・どうやったら合格できるのかわからない。

 

読む