編入は就活に影響をあたえるのか?

就職活動時期になった時、編入したことは、影響するのか?についてお答えします。

就職活動では、もちろん履歴書を提出し、自分はどこの大学に所属していて、
どこの大学に編入したかなど、すべて記入する必要があります。


そこで、編入したことが就職に悪い影響があるのではないかと心配されるかもしれません。

しかし、はっきりいって、編入生が就活で不利になることはありません。

就職面接では、なぜ編入したのか?という質問されるかもしれませんが
しっかりと理由を説明すれば問題ありません。



その理由が「偏差値の高い大学に行きたかったから」でも構わないと思います。

しかし、そこに「そこでよりレベルの高い環境下で自分を成長させたかった」みたいな
言い方にすればいいだけのことです。


注意点としては、「前の大学のある点が悪かったからそれを解消するため」っていう言い方をしないことです。

就活ではもっとプラスな言い方にしましょう。

就職の面接では、編入後の大学がどんなに良くて、その環境に自分の身を置いたらどんな変化があったのかを話したらいいのではないかと思います。




編入後になって編入後の大学の魅力について考えればいいとおもうので問題ないです。


偏差値の高い大学に行きたい人がほとんどだと思いますし、
就活はモノのいいようだと思います。(筆者の個人的な見解)


近年は、編入をする人もおおくなっており、浪人みたいな扱いになるのではないかと思います。

そのため、あえて就職担当の面接官も深掘りしない人も多いでしょう。


私の場合は「興味のある研究室があり、そこはある分野で日本でもかなり有数のところであり、そこで学びたい」みたいな言い方をしています。


ちなみにどの先輩を見ても、はっきり行ってかなりいいところに就職されていますし、就活もうまくいったようです。
就活の面接で編入について悪く言われたことはなく、影響はなかったようです。




それどころか、就職面接では編入試験を受けたことを強みとして話することもできます。

なぜならば、編入試験を受けるということ自体珍しいですし、
高い意識のある学生だと思われることが多いからだと思います。


編入試験は、浪人と違いどんなに大変だったか、どこが苦労したか、
それをどのように乗り切ったかなどを詳しく説明できれば、
編入したことを強みとしてはなすことができますし、受けは良いと思います。


就職の面接官にもよりますが、悪い印象は決してないと思います。


安心してください。何も問題ありません。


そのため、編入したいと思っている学生の方は、就職・就活のことは特に編入の影響を気にしなくてもいいと思います。


~7/2更新~

僕自身の就活をまとめました。
この記事よりもをさらに具体的にどうなったかを書いています。

編入生が就活時に気をつける5つのこと

かなり赤裸々に僕の就活を書いたので、よかったら参考にしてみてください。

HOME